人と話してわかることの素晴らしさ

今日は車の1年点検でした。
親が免許を持っていたときは親に頼りきりでしたが、今は雨でも自分で運転して行くしかありません。
どこにいくにも自分次第なので、いつの間にか車に乗ることが苦ではなくなりました。
目的志向の私ですから、なんとなく車に乗ることはありません。
車に乗ることが苦で、運転することが嫌だった私ですが、自分で行ってみると担当の方といろんな話ができることがわかりました。
私はやっと運転をする気持ちになったので、車そのものには興味がありません。
それでも今の車事情を聞けたり、流行りの車を見て楽しんだりしました。
諸事情もあり今すぐに車を替えることはできませんが「今、乗るならこれですね」なんて話もニコニコしながら聞いてくれます。
営業スマイルは素晴らしいですね。
気軽に来てほしい、洗車だけでも全然構わないと言ってくれたので、これから必要とするときは行ってみようと思います。

夏の旅行

 今年の夏は久しぶりに軽井沢へ旅行へ行った。
3泊4日で2歳の娘と6ヶ月の息子を連れて、私の実家の両親とともに。

 昔、両親に神戸から車で連れて行ってもらったのだけど、今回は12年ぶりの軽井沢だった。
父が孫を連れて行きたいという希望があり、私も毎日の子育てに疲れていたので、小さな子ども連れで不安ながら旅行に行くうれしさがあった。

 とにかく上の娘を退屈させないよう気を配った。

 高速道路ではサービスエリアに寄り、ジュースを買ってあげたり、途中、ソフトクリームを食べさせてあげたり。

ソフトクリームは食べたことがなかったのだけど、すっかり気に入り、旅行中に3回も食べた。

 息子はとりあえず抱っこしたり、ベビーカーで大人しくしてもらった。
わけわからず連れて来られて、災難だったかもしれない。

 両親と私は子どもたちに振り回されながらも、落ち着かない旅だったが、軽井沢を味わったと思う。

 12年前と変わらずにあるお店もあり、涼しい少し霧ががったリゾート地でバカンスを楽しめた。

 何をしたわけではないけど、来年も行けたらいいなと思う。

 

心から好きな作品。

『シャープ・エッジ』という作品が、大好きです。

 坂入慎一先生の、電撃文庫刊のライトノベルです。
坂入慎一先生のデビュー作でもあります。

 この作品、(本としての分量的な)厚みはそれほどでもないのですが、スピード感のある内容で、とてもおもしろいです。

 出版されたのは、もう十年くらい前。
当時私は、別の小説にハマっていて、その作品を一気に読了したところでした。

 好きな作品を読み終えて、なんだかぽっかりと、胸に穴が空いた気分。
それを埋めるため、何気なく手にとったのがはじまりです。

 坂入慎一先生は、他のライトノベルと比べ、文章力がかなり高いです。
当時の私はみる間に、その作品の世界に引き込まれました。

 それから約十年。
『シャープ・エッジ』は三巻で終わってしまい、続きは出ていません。

 でも私は、いまでも、この作品を手に取ります。
そして思います。

 是非、続きが読みたいと。
四巻以降でも、カナメ(『シャープ・エッジ』の主人公)の活躍がみたいと。

 心から、そう思うほど、この作品が好きなのです。

外国人対応!?

先日某ショッピングモールへ買い物に行った時のこと…
私は友達の出産祝いを買いに店舗を物色
観光地&休日だったこともあり、その商業施設は混雑していた
意外とベビーグッズ置いてるところ少ないなぁ…なんて思いながら、ようやくコレだ!と思える店に入りプレゼントする物も選び、レジ並ぶ私。

さすがに人気の店だから、外国人(アジア系)いっぱいいるなぁと
前にはカップル、後ろには家族連れ、見事に挟まれたが気にすることなくレジを待ち
ようやく私の番になったので、
店員『いらっしゃいませ』
私『プレゼントで』
店員『オッケー』
随分馴れ馴れしい店員だな…
店員『あぁ…っと』
なにやらガサガサレジ周りをあさり始めた
可愛い袋でも提示してくるのかと期待していたところ
その店員がおもむろに出したのは
日本語が英語、中国語、韓国語に翻訳された説明ボードだった!
あーここ読んで…とばかりに指で文を指してくる
そこに書いてある文は、有料の包装なら200円かかって可愛いラッピング的なことが書いてある…
これ完全に外国人扱いされたな!と
確かに私の顔は薄めかもしれないが
プレゼントの発音もそんなに良くもなかったぞ!と
イラっとした私は首を横に振って拒否ってみた
会計もわかりやすくハキハキ金額言ってきたから、小銭まで細かく出してやったぜ
結果、最後まで勘違いさせたまま終了w
thank you! bye-bye!
とまで言わせ完敗
なんだか凹んだ一日だった
また近くリベンジしに行こうかと思う(^-^)

ライブハウス

少し前に梅田のライブハウスに行ってきたのですが、オールスタンディングで人が多いのはわかっていましたが、夏にオールスタンディングのライブに行ったことがなかったので、始まってすぐに汗だくになりました。
前に立っていた人何人かは立ってられなかったみたいで、しゃがみ込んでいました。
ライブはすごく盛り上がっていたので、熱気もすごくテンションは上がりっぱなしでした。
ライブハウスはお酒も飲める所なのですが、飲み過ぎてなくてよかったです。
危うくせっかく前の日から曲全部聞いて楽しみにしていたライブが台無しになるところでした。
ライブは2時間半ぐらいで終わり、帰りは人が多いのでどうなるかと思いましたが、以外とスムーズに外に出れました。
ライブの後すごく気分が良くなってたのでこのまま家に帰るのがもったいなかったのですが、次の日仕事なので大人しく帰りました。
暑かったけど、楽しいライブが観れてよかったです。